彼女・妻へのプレゼント予算っていくらぐらいが適正なの?年代別に検証してみた




自分の大切な人が誕生日だったり、二人の記念日などに、「プレゼントを贈ろう」と考える人はたくさんいます。

その時に、「いくらぐらいの予算にすればいいだろうか?」と悩む人も少なくないはずです。

「相手が欲しいものであれば金額なんて関係ない!」なんて考えの人もいるかもしれませんが、「予算」からプレゼントを考えるのも一つの方法なのは間違いありません。

私自身も、プレゼントを贈るときは「これって安すぎない?」「さすがにこれは高すぎか…」などと考えますし、相手に落胆や気負いを与えないためにも、予算の相場を把握することは、相手に対する気遣いでもあります。

今回は、女性にターゲットを絞って、年代別で「適正なプレゼントの予算」についてアンケートを取ってみました。

今、プレゼントの予算に悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

 

20代前半へのプレゼント適正予算

アンケートの結果「1万円前後」が適正のようです。

20代前半の女性の場合、「高価なブランドのものが欲しい」という方はかなり少ないです。それよりも、「気持ちがこもっているか」「相手のことを思っているか」が重要視されます。

金額的には1万円前後で、ブランドでも安価なもの、あるいはノーブランドでもかわいければ気にしない、という意見もありました。

 

女性のホンネ
  • 本当は金額はあまり気にしません。やっぱりプレゼントはお金ではなく、気持ちがどのくらいこもっているかだと思うからです。でもあえて言うならやっぱり1万円くらいからかなと思います。
  • 誕生日プレゼント何がいい?と直接聞いて来る人もいて、その時は「なんでもいい」と答えますが、やはりちゃんと考えて贈ってくれたものだと嬉しいです。高くなくてもいいので、アクセサリーとか、あとはプレゼントに手紙を添えてもらったりすると嬉しいですね。

 

 

 

20代後半のプレゼント適正予算

アンケートの結果「2万円~4万円」が適正のようです。

20代後半の女性の場合は、「あまり安すぎると引く」という意見と、「高すぎると気を遣う」という意見が混在していました。

同年代の恋人であれば、そこまで高給の人はまだ少ないでしょうし、見栄を張りすぎないのも大切です。

会話の中で、好きなブランドや欲しいアクセサリーをリサーチしておいて、適正予算の中で購入する、というのが正解ですね。

女性のホンネ

彼氏の誕生日に贈ったプレゼントが2万円ぐらいだったので、それくらいの予算は取ってほしいです。あまり予算にはこだわらないけど、大人なので、お金かけなさすぎなのは寂しいので嫌です。

20代の時に同年代の彼氏からピアスをもらいましたが、10万超えの有名ブランドのピアスでした。張り切ってくれたのは嬉しかったけれど、年齢やまだ結婚するかもわからない相手からの高額過ぎるプレゼントにちょっと引いてしまいました。また金遣いが荒いのかな?など彼の行動も気になってしまいました。

普段自分で買うよりは、少し高いものがいいとは思うものの、あまり高いものだとお返しのことも考えてしまうので、3、4万円以内くらいが妥当かな、と思います。

 

 

 

 

 

30代前半のプレゼント適正予算

アンケートの結果「3万円~6万円」が適正のようです。

30代前半になると、今までにも何度かプレゼントをもらってきている経験があるため、より相手の「好み」や「趣向」を気にする必要があります。

予算だけでなく、「予算の中でどれだけ相手が欲しているものを贈れるか」が勝負ですね。

当然ながらノーブランドは敬遠したほうが良いし、ブランド物でも「質やセンスがいいもの」が求められます。

女性のホンネ
  • 20代の時とは違って、30代ともなるとそれなりに質の良いものを身に着けないと恥ずかしい、という意識が強くなる。ブランドにはそこまでこだわらないが、質の良いものを求めるならブランド品が無難。見た目は派手過ぎず、落ち着いたものが良い。
  • ブランドに拘りはないけれど、やはり好みの物が欲しい。頂いたものは使わないといけないと思うけど、好みでないものを貰うと使いずらい。あまり値段が高いものを貰うと、自分があげる時のことを考えて困ってしまう。

 

 

 

 

 

30代後半のプレゼント適正予算

アンケートの結果「5万円~」が適正となりました。ただし、すでにお子様のいる家庭の場合、「1万円~」でも適正です。

もし、独身女性に贈る場合は、ここまでいろいろな経験をしてきており、知識もあるため、下手なプレゼントをしてしまうと、それだけで関係性が破綻してしまう可能性もあります。それだけに、十分と下準備とリサーチをして、プレゼントを選ぶことが大切です。

結婚して子供もいる妻に贈る場合は、そこまで気を張らなくても大丈夫です。「いつもありがとう」の感謝の気持ちを忘れずに、家計の範囲内でプレゼントを贈ってあげることが大切です。

 

女性のホンネ
  • ノーブランドであると年齢的にも持っているのが恥ずかしい。ハイブランドのセンスのよい物であれば嬉しい。
  • 年に一度の誕生日くらいは欲しい物を買ってもらって特別感を感じたいです。自分の好きなブランドの腕時計を買ってもらいたいです。
  • 旦那が思いを込めて買ってくれたものなら何でも嬉しいです。身につけるものなので、似合いそうなデザインのものを買ってくれたら値段はそれ程こだわりません。(子育て家庭)

 

 

 

40代以上のプレゼント適正予算

アンケートの結果「5万円~」が適正となりました。ただし、すでにお子様のいる家庭の場合、「5千円~」でも適正です。

独身の40代女性の場合、すでに欲しいものは自分で手に入れられるステータスと資産を持っているでしょうから、やはりそれでもアクセサリーやジュエリーをプレゼントするのであれば、相手の要望に合わせてアイテムをチョイスすることが重要です。

子育て家庭の場合は、ちょうど子供たちが学校に行きだして、お金のかかる時期なので、やはり予算はかなり抑えめでも理解されます。むしろ、高いものを買うと家計を気にされてしまうでしょうね。

女性からのホンネではなかなか厳しい意見も見受けられます。

 

女性のホンネ
  • 30代後半の頃に40代前半の男性からノーブランドの1万円程度の鞄を貰ったときにドン引きしました。20代前半ならまだしも、社会人でプレゼントする予算、品物じゃないよね、と本人に思わず言ってしまった。
  • ルビーのピアスを貰いましたが、石が小さくてガッカリしました。40代になれば年相応の大きめの石が欲しかったなあと思いました。
  • お金に余裕があるならブランドのバッグの一つも欲しいかなと思うが、今は専業主婦だし、教育費も結構かかるので高価なプレゼントはあまり望んでいない。5000円ぐらいの花束は毎年、主人と子供からもらっている。(子育て夫婦)
  • 夫の小遣いから出せる金額が考えると1万円ぐらいがが適正かなって思う。でも実際に買って来てくれたものは数年前に板チョコ1つだけ…。100円。忘れてないだけマシと思えばいいんだけど100円なんて子供の小遣い以下。ちょっと寂しかったです。ケーキの1つでも買って来てくれれば翌日からの私の態度だって変わるのに…と思っちゃいました。(子育て夫婦)

 

まとめ

最後に、年代別の適正予算まとめを表にしてみました。

これが一般的な、年代別の女性に対するプレゼント適正予算です。

これを基準にして、相手との関係性、お互いの状況、好みや趣向を考えながら、プレゼントを選んでいきましょう。

必ずしも、この予算内じゃなければダメだ!というわけではありませんが、高すぎたり安すぎたりするのは、相手にネガティブなイメージを与えてしまう可能性があるのも事実です。

あなたのプレゼントで笑顔が見れることを祈っています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です