賃貸物件で部屋の退去時に注意すること・気をつけること まとめ

同棲することになって、今まで自分が生活していた部屋を解約することになりました。

つい先日引っ越しが終わったのですが、引っ越しって手続きがいろいろと面倒ですよね。

引っ越しをするに当たって、「こういう情報を事前に知っておけばよかったなあ」と思うことがたくさんあったのですが、今回は、「部屋の退去時に注意すること」というテーマでいくつか役立つ情報を時系列で書いていきたいと思います。

f:id:groom723:20161003185744j:plain

退去日1か月前

解約の連絡

まずは現在の住居の解約の連絡をします。大抵の場合は、最短での解約は「退去連絡から1か月後」です。

したがって、引っ越しが決まったら無駄な家賃を発生させないためにもすぐに連絡した方がいいでしょう。

ここでの注意点は3点。

  1. 解約の連絡は、たいていの場合電話ではなく書面やFAXで
  2. ガス廃止の立ち合いや退去の立ち合いを考慮しすること
  3. ガス廃止の時間は必ず不動産管理会社の立会い前に設定すること

まず1点目の解約連絡ですが、基本的にハガキやFAXでしか受け付けないところが多いです。この理由は、解約受付日をはっきりさせるため、ですね。電話での解約を受け付けてしまうと言った言わないの水掛け論に発展する可能性がありますから、これは業界の常識とも言えます。

2点目の「立ち合い」に関してですが、賃貸の部屋を退去する際に立ち合いが必要になってくるのが、「ガスの解約」と、「不動産管理会社の現況確認」です。

それぞれ事前に予約して立ち合いとなるのですが、そこまで詳細な時間設定はできないため、例えばガスの解約を朝9時~12時、不動産会社の現況確認が12時30分~15時までという感じになります。

何が言いたいかというと、引っ越し日当日にこれらの立会いはスケジュール的にほぼ不可能である、ということです。

だから、解約日を引っ越し日にしてしまうと、時間的余裕が全くない状態になってしまいます。

解約日は引っ越しした後、きちんと立ち合いができる日を確認してから決めた方がいいでね。

私は引っ越し日の翌日に立ち合いをして解約しました。

3点目は常識的なことなのですが、ガス会社の廃止立ち会い時間は不動産会社の現況確認の前に設定してください。

不動産会社の現況確認をしたら、鍵を引き渡してしまいますから、ガス会社の立ち会いでできなくなってしまいます。意外と盲点なので、お気を付けください。

?

引っ越し当日

退去に関して引っ越し当日に注意すべき点は1つだけ。

掃除用具を置いていく」ということです。

これは、引っ越し後に不動産会社による現況確認があるのですが、これは「部屋がどれだけ汚れているか」「どれほど傷んでいるか」「異常な箇所はないか」などを見極めるために行われるものです。

通常、短期での滞在でない限り、生活していれば、部屋というのは埃がたまったり汚れてしまうものです。

引っ越しして、家具をすべて移動させてしまうと、思わぬところが汚れていたりするものなんですね。

だから、引っ越しした後、立ち合いの時間までにゆっくりと部屋を掃除することが大切になってきます。そのために、掃除道具を部屋に残しておくのです。

引っ越し当日にやってもいいのですが、正直引っ越し当日は、新居に意識が向いてしまって、旧居のことまで頭が回りません。

置いていく掃除道具としては、以下のものがあればいいと思います。

  • クイックルワイパー
  • ぞうきん
  • スポンジ
  • ウェットティッシュ

掃除が終わったら、その場で捨てて帰れるものが、手軽でいいですね。

それから、もう1点。

家具をすべて引っ越しトラックに乗せ終わったら、「最後にざっと掃除機をかけること」。このひと手間で全然違います。

引っ越し屋さんに、「最後に掃除機かけてもいいですか?」と言えば、ほとんどの引っ越し屋さんはOKしてくれるはずです。一人暮らしの部屋なら、時間にして10分もかからないでしょう。

それから、忘れやすいのが、「トイレットペーパーを残しておくこと」です。

これは、立ち会いの日に旧居でトイレがしたくなった時に、ペーパーがないと困るからです。偶然、取り外すのを忘れてて、立ち会い当日に安堵した記憶があります。

ここで、引っ越し当日の注意することのポイントをまとめます。

  • 簡易的な掃除道具を置いていく
  • モノの積み込みが終わったら、ざっと掃除機をかける
  • トイレットペーパーを置いていく

?

引っ越し後、立ち会いの日

さて、引っ越しも終わり、ガス会社と不動産管理会社の立ち会いの日です。

ここでの注意点は1つ。「暇つぶしができるものを持っていく」です。

前述したとおり、ガス会社も不動産管理会社も、ピンポイントでの時間指定は難しいです。だからどうしても、空き時間というのが出てきてしまいます。

しかし、引っ越し後の旧居というのは、何もありません。すっからかんです。

部屋の掃除もしなければいけないのですが、そんなものはガス会社を待っている間に終わってしまいます。不動産管理会社が来るまでに数時間はあるでしょう。

私はノートパソコンとwifiを持って行って、ブログを書いてました(笑)本とか、新聞雑誌とかでもいいと思います。

何もない、今まで住んでいた自分の部屋というのは新鮮で、いろいろな思いでもあるでしょうから、感傷に浸るのも良いかもしれません。

?

ということで、賃貸物件の退去時に注意すること・気をつけることのまとめでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です